女医と看護師 「妬み」を越えたいい関係

女医のJOYライフ!

女性の職場は天国?地獄?

女性の妬みって?

女性は妬み深いとよく言われます。「妬み」とは、他人と自分を比較して「羨ましいなあ」と感じる心から生まれる感情です。
自分がどうしても欲しいのに、絶対手に入らないものを持っている人を見たら、「妬み」という強い感情が生まれてしまうのですね。
例えば、パートナーに巡り会えない、努力しても成功できない、頑張っても欲しいものが手に入らない、などなど。職場においても、「妬み」は様々な場面で生まれてきます。仕事の成果の違いからくる妬み、上司からの目のかけられ方の違いによる嫉妬、職場での異性との関係、私生活の充実しているかどうかの違いによる妬み、実に様々です。これらの「妬み」に巻き込まれないようにするために、周りから突出せず歩調を合わせることで、円滑な関係を築くことができるでしょう。でも、実際に「妬み」が自分の心に生まれてきた時、それを感じないようにすればするほど、どんどん苦しくなってしまうものです。「妬み」や「嫉妬」は、自然に出てくる感情です。その感情事態が悪いというのではなく、嫉妬にまかせて否定的な行動をしたりする結果、人を傷つけたり、また自分が傷ついたりしてしまう、ということなのです。「妬み」を無理に押し殺すのではなく、自分が本当のところどうしたいのか、を素直に考えるための「気付き」だと思えるようになったらステキですよね。

女性が多い職場での上手な立ち回り術

相手の年齢や立場によって話すべき内容や会話は変わります。相手の気持ちになって、どう接するのが的確なのか、冷静に判断しましょう。職場での付き合いは仕事を円滑に進めるための付き合いであると常に考えていれば、自分をうまくコントロールすることもできます。自分が一歩ひいてちょっとした我慢をすることで、関係性はスムーズにいくはずです。また、職場内の人の陰口は避けましょう。後々変に伝わってトラブルになりかねません。誰かに持ちかけられても同意せず、「そうなのかな?よくわからないけど…」とあいまいな返事をしておきましょう。それから、女性にありがちなトラブルとして「自慢話」があります。自分にそのつもりがなくても、相手から「自慢している」ととられかねない話題は避けましょう。例えば、恋愛がうまくいっていない相手に対して、自分の彼の話、順調な交際の話は気分を害するでしょう。また、年齢のいった女性に歳の話や結婚の話は避けるべきでしょう。女性はこと年齢や結婚話に敏感なものです。こうしたちょっとした人間関係のエチケットに気をつけていれば、大きなトラブルは避けられ、円滑な大人同士の関係を保ちながら仕事ができる環境になるはずです。様々な人が関わりあう職場ですから、周りをよく見て大人の対応ができるようにしたいものですよね。

女医さんへオススメ☆Pickup

女性医師が活躍してる科 女性医師が活躍してる科 女性医師にとって、勤務がそれほどハードではなく、ライフイベントに左右されることなく続けやすい診療科って、なんでしょう?また、小児科・産婦人科などの女性にとって身近な科は、実際女性医師の間で人気があるのでしょうか?、女性医師が多く活躍する診療科目についてレポートしてみました。

女性医師の離職率 女性医師の離職率 常勤医をやめたことがある女性医師は数多く、その理由の大半は出産と子育てだそうです。女性医師の離職により、医師不足の現状はいったいどうなってしまうのでしょう。そして、離職してしまう女性医師のための救済策はどうなっているのでしょうか?医師の労働環境の悪循環につながるという、負のスパイラルを防ぐためには何が必要なのでしょうか。

ページのTOPへ