医療業界で今や常識!女医の転職とその支援サービス

女医のJOYライフ!

医療業界の転職

医師と看護師は売り手市場?

超高齢化社会の一途をたどる現在の日本では、医師や看護師は超売手市場。働く場所は山ほどありますが、転職するときに大切なのは、きちんとキャリアプランを考えて行動することです。病院、クリニック、施設など、事業所の形態も勤務形態も様々ある中で、自分自身がどういう生活を求めているのか、どのような働き方がしたいのかをしっかりと考えること。給料かゆとりか、待遇かキャリアアップか、今の自分が何を一番大切にしたいかを明らかにすることで、求める職場はまったく違ってくるのです。よくあるパターンは、給料にひかれて転職を決めてしまい、きつい職場で失敗をしたという話。また、今まで経験してきた科にこだわるあまりに、厳しい条件の職場を選んでしまって、結局続けることができなくなった、というパターンもよく聞きます。目先のことだけにとらわれず、長い目で見て自分の生活の質を考えることから職場選びをしたいものですね。

女医が転職しやすい科

女医さんが転職したくなる時、つまり、今までの働き方が難しくなる時は「ママさん医師」になる時。勤務形態を緩やかなものに変えることで、子どものための生活時間を確保することが重要になります。例えば週2~4勤務など少ない勤務日数や短時間勤務であったり、残業や当直・オンコールなしであったり、土日休みであったり。また、院内保育所がある病院なら、毎日の送り迎えもスムーズです。特に子供が小さいときは、勤務形態に悩む女医さんは多いと思いますが、ママさん医師が転職しやすいのはこれらの条件を備えた職場です。女性医師の活躍が目立つのは皮膚科・眼科などの緊急性の他界医療処置が比較的少ない科ですが、こうした個々のママさん医師のニーズに合わせた職場を探すのであれば、転職サイトなどを活用して、より条件の良いところをじっくりと探すのが得策でしょう。

転職時の注意点

転職の際に賢く利用したい転職支援サービス。転職アドバイザーは、希望の条件に合わせて勤務時間や給与等の勤務条件の交渉や職場の人間関係などの病院内部の情報収集を行うなど、転職活動全体をサポートしてくれます。そのため、担当のアドバイザーが信頼できるかどうかは、とても大切な要素になります。中には「希望の条件と違う求人を紹介された」、「気が進まないのに強引に求人をすすめられた」などの良くない対応もあるからです。いくつかのサイトに登録するのは良いのですが、自分に合わないと感じたら、登録を解除した方が良いでしょう。しかしながら、自分に合った転職支援サービスを見極めていくつか登録しておくことで、より良い求人に確実に出会うことができます。自分の希望を明確にしておき、信頼のできる転職支援サービスを利用することで、納得できる転職を果たしたいものですね。

女医さんへオススメ☆Pickup

女性医師が活躍してる科 女性医師が活躍してる科 女性医師にとって、勤務がそれほどハードではなく、ライフイベントに左右されることなく続けやすい診療科って、なんでしょう?また、小児科・産婦人科などの女性にとって身近な科は、実際女性医師の間で人気があるのでしょうか?、女性医師が多く活躍する診療科目についてレポートしてみました。

女性医師の離職率 女性医師の離職率 常勤医をやめたことがある女性医師は数多く、その理由の大半は出産と子育てだそうです。女性医師の離職により、医師不足の現状はいったいどうなってしまうのでしょう。そして、離職してしまう女性医師のための救済策はどうなっているのでしょうか?医師の労働環境の悪循環につながるという、負のスパイラルを防ぐためには何が必要なのでしょうか。

ページのTOPへ