仕事と子育て両立できる?女医のお悩みを大検証

女医のJOYライフ!

女医のお悩み相談室

女医さんは、過酷な医療現場で医師として働く一方、女性としてより良い人生を歩みたいと考える一人の女性です。では、女医さんたちは、結婚や、妊娠・出産・子育てなどのライフイベントに直面した時に、仕事との両立をどうしているのでしょうか。仕事優先でスキルとキャリアを磨くのか、家庭優先で働き方を変えるのか?仕事を持つ女性なら誰もが直面する問題を、過酷な医療現場で活躍する女医さんたちがどのように乗り越えているのかを、医療業界でよくある転職と、その方法についても視野にいれて、調査してみました。

女医のお悩み相談室に関するtopics

女性医師の離職率

出産と子育てを理由に、医師としての活動をやめざるを得ない女性医師は数多いのが現状です。常勤医をやめたことがある女性医師は、7割を超えると言われていて、女性医師にとって医療現場の第一線がいかに過酷であるかがわかります。産前・産後休業や育児休業は法律で定められてはいるものの、医療現場では規定どおりに休むことがままならず、一時的な代わりの人員の確保も困難なため、結果的に退職を余儀なくされる女性医師はいまだに数多く存在するのです。女性医師をサポートする施策が少しづつ普及してきているものの、まだまだ課題は多いようです。 女性医師の離職率の続きを読む

女性もスキルを磨く時代

多くの女性医師は、勤務医の身分の確立と環境の改善、出産・育児後も働き続けられる環境の整備、一時休業せざるを得なかった場合の復帰支援と子育て環境の充実などを強く望んでいます。でも実際には医療業界の改革はまだ不十分で、女性医師の多くは出産・子育てを機に一線を退いています。一方、女性医師の復職支援策の普及や医師不足や雇用する側のニーズの多様化にともなって、就労形態や診療科目を選べば、女性医師も家庭と両立しながら働き続けることができるようになってきました。子育てのためにキャリア継続をあきらめることなく、女性医師もスキルアップできる時代になってきたと言えるでしょう。 女性もスキルを磨く時代の続きを読む

医療業界の転職

医師や看護師は超売手市場と言われる現代の日本社会。働く場所は山ほどありますが、転職するときに大切なのは、きちんとキャリアプランを考えて行動することです。自分自身がどういう生活を求めているのか、どのような働き方がしたいのかをしっかりと考えることで、求める職場はまったく違ってくるのです。目先のことだけにとらわれず、長い目で見て自分の生活の質を考えることから職場選びをしたいものですね。また、ママさん医師となった女医さんにとって働きやすい職場をじっくりと選ぶためには、頼れる転職支援サービスを賢く利用するのがおすすめ。自分の希望を明確にし、きちんと伝えることで、仕事も家庭も大切にできるより良い職場探しをしましょう。 医療業界の転職の続きを読む

女医さんへオススメ☆Pickup

女性医師が活躍してる科 女性医師が活躍してる科 女性医師にとって、勤務がそれほどハードではなく、ライフイベントに左右されることなく続けやすい診療科って、なんでしょう?また、小児科・産婦人科などの女性にとって身近な科は、実際女性医師の間で人気があるのでしょうか?、女性医師が多く活躍する診療科目についてレポートしてみました。

女性医師の離職率 女性医師の離職率 常勤医をやめたことがある女性医師は数多く、その理由の大半は出産と子育てだそうです。女性医師の離職により、医師不足の現状はいったいどうなってしまうのでしょう。そして、離職してしまう女性医師のための救済策はどうなっているのでしょうか?医師の労働環境の悪循環につながるという、負のスパイラルを防ぐためには何が必要なのでしょうか。

ページのTOPへ